スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

リスニングの戦略について

明日はTOEICの第148回公開テストがあります。

明日に備えて、リスニングPart3,4の設問タイプ別にどのたタイプを重点的に聴くか戦略を練ってみました。
まず、設問タイプを2×2マトリックスでざっくりまとめてみました。

設問マトリックス

ほんと、ざっくりすぎて申し訳ありません。実際、手持ちの問題集の設問を当てはめてみると良いかもしれません。人によりますが、難易度は易しい順に①→②→③→④となると思います。
先読み後、次の優先順位で重点的に聴こうと思います。
③→②→④→①
②→③→④→①
*②、③は設問の出題順で優先順位を変更します。
 先に出題された設問を優先度を高くする。

②、③:集中して聞かないと解けないので、優先度:高
④:あんまり出題されないが、出たときは全体を押さえないと解けないので、優先度:中
①:聞き終わってからでも、解けるので、優先度:低

それと、Part7に関しても、こんな感じのマトリックスでまとめて、どんな設問タイプを優先的に解くか戦略を練ってみると良いかもしれません。

それでは、みなさん、明日の公開テスト頑張りましょう♪
スポンサーサイト
.25 2009 TOEIC comment4 trackback0

Comment

Brighton1487
初めまして

この表現、大変面白いですね。
SWOTの応用、と捉えました。

英語教材の本あるいは教室では、
こういうSystematicな表現少ないので、
もっと形式値として、
モデリング出来るのではと思い、
自分でも試みています。

またコメントします。

2009.07.27 23:10
Taka
Brightonさんへ

はじめまして、コメントありがとうござます。

ちなみに、SWOTとは別のものです。フレームワーク系の本にSWOTと一緒に載ってます。「重要度」と「緊急度」を軸にしてものが有名です。TOEIC本ですと、ヒロ前田先生の「5日間で攻略新TOEICテスト730点」にPart7の問題の分析で使われています。

Part1とPart2は写真のタイプとか疑問文タイプと応答パターンとかをロジカルツリー(ピラミッドストラクチャー)でモデリングしてみると良いと思います。色々試してみるのは良いことだと思いますので、なにか良いものができましたら、教えてください。コメント楽しみしています♪
2009.07.28 21:46
Brighton1487
ご教授、ありがとうございました。

ロジカルシンキングの要素で考える、
というのは新鮮に感じました。
そういう観点で、
相手(TOEIC)というものを、現状分析し、
理解していこうかと考えます。

また自分(Player)が主語の場合は、
経験上で、ゴールドダットの思考プロセス
(問題構造ツリー)で、表すことが多いです。

早速、両方で考えてみて、
46日後に備える準備を見直してみます。

ありがとうございました。
2009.07.28 23:51
Taka
Brightonさんへ

9月の試験に向けて、お互いがんばりましょう♪
BrightonさんのBLOGにリンクを貼らせてもらいます。
2009.07.29 00:23

Post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://blog750.blog68.fc2.com/tb.php/6-4056ea3a

プロフィール

Author:Taka990
会社員
男性

2009/10 応用情報処理技術者試験 合格
2010/11 TOEIC 740点
2010/04 データベーススペシャリスト試験 合格
2010/10 ネットワークスペシャリスト試験 合格
2011/06 プロジェクトマネージャ試験 合格
2011/07 ITパスポート試験 合格
2011/10 システムアーキテクト受験予定

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。